WiFiレンタル現金払いのおすすめは?国内サービスならここ!

国内,wifi,レンタル,おすすめ国内WiFiレンタル

wifi レンタル 国内 現金払い」おそらくあなたはこういうキーワードで検索されて、現金払いができる国内WiFiレンタルをお探しになっているのではないでしょうか?

もし、海外の現金払いができるポケットWiFiレンタルをお探しでしたら、別ページにて解説しているのでそちらをご覧ください。
海外WiFiレンタルの現金払いについて

早速、現金払いのできるおすすめの国内WiFiレンタルをあなたにご紹介するとしたら、「RTMモバイル」が最もおすすめです!

国内WiFiレンタルの現金払いには、知っておくべき注意点があります…。

これを知らずにレンタルを始めると、
「えっ、無駄に料金かかるの?」
「支払いめんどくさい…」

といったふうに、レンタルしたポケットWiFiに不満を持ってしまいかねません。

現金払いには、現金払いの知っておくべきことがあるので、現金払いができる国内WiFiレンタルと一緒に、注意点も確認しておきましょう。

現金払いができる国内WiFiレンタルのおすすめはここ!

まずは、現金払いができる国内WiFiレンタルのおすすめサービスをご紹介。現状、現金払いができる国内WiFiレンタルは、以下の3社のみ。

  • RTMモバイル
  • みんなのWiFi
  • WiFiチャンネル

上記3社とも、支払い方法は以下の4つの方法が選べます。

  • クレジットカード払い
  • 代金引換
  • 銀行前払い
  • コンビニ払い

あなたが望む現金払いであれば、「代金引換」「銀行前払い」、「コンビニ払い」を選べば大丈夫です。

コンビニ払いに関しては、別に解説記事を作りました。

コンビニ払いができる国内WiFiレンタル

ただし、あとでご紹介する国内WiFiレンタルの現金払いならではの注意点もあるので、その点はしっかり押さえておきましょう。

さて、上記で紹介した現金払いができる国内WiFiレンタル3社の中で、最もおすすめできるのが、冒頭でもお話した「RTMモバイル」です。

RTMモバイル

WiFiレンタルの現金払いで「RTMモバイル」をおすすめの理由は2つ。

  • 1日あたりの利用料金が安い
  • 片道送料が無料になるキャンペーンを実施している

まとめると、総額料金が安いからということになりますね。しかし、これはあくまで、現金払いのWiFiレンタルの中での話です。

知ってましたか?ポケットWiFiレンタルって、現金払いをしないほうが3,000円近くお得なんです。

現金払いの国内WiFiレンタルはお得じゃない

実は、現金払いの国内WiFiレンタルは、あまりお得なサービスではありません。それには以下のような、理由があります。

  • 現金払い手数料がかかる
  • クレカのみのWiFiレンタルのほうが単純に安い

まずは、現金払い手数料がかかることから。

現金払い手数料がかかってしまう

国内WiFiレンタルでクレジットカード払いではなく、現金払いを選択すると、現金払い手数料が余分にかかってしまいます。

先に解説したとおり、現金払いには代金引換と銀行前払いの2つがあり、どちらを選んでも300~500円の手数料が余分に。

仮にRTMモバイルで片道送料が無料になっても、その分はパーになってしまいます。

次に、クレカのみの国内WiFiレンタルのほうが安くておすすめである点について。

クレカのみの国内WiFiレンタルのほうが安い

基本的に現金払いのみの国内WiFiレンタルサービスは、クレカのみのWiFiレンタルと比較して、料金が高い傾向にあります。

例えば、1ヶ月以内の短期WiFiレンタルであれば、おすすめの「ソフトバンクのポケットWiFi」は総額で税込6,000円キッカリ

それに対して、現金払いでおすすめのRTMモバイルは、1ヶ月で総額およそ9,000円。現金払い手数料を考慮すると、料金の差は3,000円以上にもなり、決して無視できる金額ではありません。

このように、現金払いよりもクレジットカードのWiFiレンタルのほうが圧倒的に安いサービスが揃っています。

そこで、当サイトでは、あなたの利用機関に合わせたプランを検索する「最安レンタル検索フォーム」を提供中です!

30秒の簡単検索であなたのご利用予定に合わせた最安プランが検索可能。一番お得なWiFiレンタルをお探しの方は、ぜひご利用ください!

当サイト特別プランもあり!
 検索条件

また、WiFiレンタルの選び方を一から十まで全てわかりやすく解説したWiFiレンタルおすすめ紹介ページもございます。解説付きで探したい方は、ぜひそちらをご覧になってください。

【おすすめ!】国内WiFiレンタルの完全解説ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました