海外WiFiレンタルで関西空港での受取・返却可能なサービス一覧とおすすめ

※アフィリエイト広告を利用しています

関西空港,関空,海外,wifi,レンタル海外WiFiレンタル

関西空港で受取・返却ができる海外WiFiレンタルをお探しではありませんか?

こちらでは関西空港で受取・返却ができる海外WiFiレンタルサービスを一覧にまとめて、それぞれ特徴やおすすめを解説してみました。

各サービスについての特集記事なども用意しているので、是非参考にしていってください。

関西空港で受け取れる海外サービス一覧!

関西空港内で受取・返却ができる海外WiFiレンタルは以下の6社。

  • グローバルモバイル
  • グローバルWiFi
  • フォートラベルGLOBALWiFi
  • イモトのWiFi
  • wi-ho!
  • JALエービーシー

それぞれについて、情報をまとめてみました。後でおすすめも紹介しますが、まずは特徴を軽く掴んでいきましょう。

グローバルモバイル

グローバルモバイルは海外各地で専用のWiFiレンタルサービスを提供している、超格安のWiFiレンタルです。

海外各国でのサービス名は「○○データ」として提供しているので、あまりグローバルモバイルというサービス名は聞き馴染みが無いかもしれませんね。

簡単に海外各国でWiFiレンタルサービスの解説をしてみたので、下の内容をご覧ください。

アロハデータ/U.Sデータ

アロハデータはハワイ専用の海外レンタルWiFiです。ハワイ全土のどこでも電波が繋がり、関西空港での受け取りではなく、現地ハワイでの受取レンタルも可能になっています。

どちらもハワイ/アメリカで使える海外WiFiレンタルの中では、最安クラスで容量も1日700MBと大きいのでハワイ/アメリカ旅行には非常に心強い味方です。

関西空港のターミナルの中にある郵便局、またはQLライナーで受け取りが可能。手数料無料なのもポイントですね。

韓国データなど

韓国データ、タイデータ、台湾データは各国専用の海外レンタルWiFi。韓国国内、タイ国内、台湾の対応した国内であれば、1日590円でどこでもWIFiを利用可能。

更に4G/LTEの高速通信を無制限でインターネットに接続することができるようになっています。関西空港内のQLライナー、JALエービーシー、郵便局で受け取りが可能です。

注意点として、台湾データ、U.Sデータの海外WiFiのレンタルは、関西空港内のJALエービーシーでの受け取りには対応していません。

全WiFiレンタルサービスの中でもコスパは最高クラスなので、最もおすすめのWiFiレンタルサービスです。

ユーロデータ

ユーロDATAは、ヨーロッパ圏内の47か国内の全土で電波が繋がるレンタル海外WiFiです。1日590円のデータ使用料無制限プランと4G対応の880円のプランが提供されています。

47か国での利用が可能ですが、フランスではテロの影響により通信制限がかかりやすくなっており、ポルトガル、フィンランド、アイスランド、ドイツ、オランダでは現在回線が不安定な状況になっています。

レンタルする海外WiFiの受け取りは関西空港内のQLライナー、JALエービーシーで可能です。

ワールドデータ

ワールドDATAは、一台のレンタルWiFiルータで世界109ヵ国中で使用できる海外WiFiレンタル。1日590円定額で、データ使用量制限一切なしでインターネットが繋がります。

北米、南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中東、オセアニアの国のほとんどで使用できるので世界中を旅する際は非常におすすめです。

レンタルする海外WiFiは関西空港のQLライナー、JALエービーシー、郵便局で受け取りが可能で、帰国後はポストへ返却するだけとなっています。

グローバルWiFi/フォートラベルGLOBALWiFi

グローバルWiFiとフォートラベルGLOBALWiFiは、同じ会社が提供している海外WiFiレンタル。グローバルWiFiを運営しているビジョン社がフォートラベル社と提携したことで生まれたのが、フォートラベルGLOBALWiFiです。

世界約200以上の国、地域で使用可能な海外WiFiのレンタルを行っており、関西空港での受け取りの際などにANAカードを利用すると100円につき1マイルがたまるようになっています。

海外WiFiのレンタル時にかかる譲渡手数料は無料で、スマートピックアップという関西空港内のロッカーで受け取ることも可能になっています。

関西空港の第一ターミナル、第二ターミナルの計6か所で受け取り、当日申し込み、返却が可能になっています。

海外WiFiレンタルの中で、唯一現金払いに対応しているのもポイントです。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、最大5人までシェアが可能で、365日24時間無料にて日本語でのサポートが受けられるようになっています。

関西空港での受取手数料は500円、返却手数料は無料で、らくらく返却boxの設置も進んでいます。

関西空港の第一ターミナル、第二ターミナルの4か所で海外WiFiの受け取り、申し込み、返却が可能になっています。

wi-ho!

wi-ho!は、超格安での海外レンタルWiFiを提供し始めています。更に動画、音楽などインターネット使い放題無制限プランの海外WiFiも提供しています。

関西空港カウンターでの受け取り、返却手数料は無料で、関西空港の第一ターミナル内に返却ボックスが完備されており、いつでも気軽に返却が可能です。

ただし、サービスが良くないといった評判がよく見られるので、あまりおすすめはできません。

JALエービーシー

JALエービーシーは、精算時にJALマイルが1台当たり200マイルプレゼントされ、JALをよく使用する人におススメなレンタル海外WiFiです。

関西空港、成田空港、羽田空港での受け取り、返却が可能で、宿泊先のホテルや施設でも受け取りが可能になっています。

それでは、大方特徴を解説したので、次に関西空港での受取・返却方法の注意点を解説していきます。

関空での受取・返却方法の注意点!

海外へ渡航する前に関西空港でレンタルWiFiを受け取る際、どの海外レンタルWiFi企業でも平均5分程度の時間が、受け渡しの際に必要です。

関西空港では朝便や午前便が海外出発する時間帯に手荷物検査場が大変混雑し、合わせて関西空港内の各受け取りカウンターでも混雑が起こるので、なるべく余裕をもってレンタルする海外WiFiを受け取るようにしましょう。

関西空港内の各カウンターで受け取る際に、ほとんどの海外WiFiのレンタル企業がパスポート又は運転免許所での本人確認を行っているので身分証を用意しておきましょう。

また要注意事項ですが、海外WiFi予約時の確認メールは絶対に削除しないようにしましょう。

関西空港での受け取りが本人ではなく代理人での受け取りが可能な海外WiFiを提供しているレンタル企業もあり、その場合は海外WiFi予約時の注文番号と申込者の名前などを提示する必要があります。確認メールがなければ受取ができなくなってしまうのです…。

そして、関西空港でのセキュリティーチェックや出国審査など出国ゲートを超えてしまうと、レンタルする海外WiFiは受け取ることができないので、出国ゲートをくぐる前に必ず受け取るようにしましょう。

関西空港でレンタルした海外WiFiの返却は、ほとんどの場合、関西空港へ帰国した当日、または翌日中となっています。帰国当日中の場合は、当日中に返却し忘れると延滞料金が発生するので注意が必要です。

また、レンタル時に前もって返却方法を選択している場合、郵便ポスト返却なのに関西空港のボックスに返却してしまったり、宅配での返却なのにポスト投函してしまった場合などは、「返却されていない」という事になり延滞料金や手数料がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

関西空港で使える海外WiFiレンタルのおすすめはこれ!

関西空港で受取・返却できる海外WiFiレンタルのおすすめは、グローバルモバイルです。グローバルモバイルが提供するサービスはほぼ全てが最安値で、かつ大容量という最強のコスパを誇ります。

それでは、人気渡航先である韓国、アメリカで海外WiFiレンタル大手のグローバルWiFiとの料金を比較してみましょう。

韓国

関西空港から韓国へ渡航する場合、韓国データの1日590円で使い放題のプランのレンタルがおすすめです。

グローバルWiFiだと250MBが670円、500MBが970円、1GBが1170円になります。一番小さい容量でも韓国データのほうが安く、コスパに優れていることがわかりますね。

調べてみると評判も良く、かなり満足度が高いサービスとなっていました。評判などが気になる方は、こちらの韓国データの評判などまとめをご覧ください!
韓国データの評判・口コミや注意点などを解説!

アメリカ/ハワイ

関西空港からアメリカへ渡航する際は、U.Sデータの1日当たり700MBで690円のプランがおすすめです。

グローバルWiFiでのレンタルだと250MBは970円、500MBプランは1270円、1GBプランは1470円。なんと2倍近くも料金に差ができてしまいます。

アメリカの主要都市での使用可能ですが、一部地域で電波が繋がらないことがあるので、アメリカでU.Sデータをレンタルするなら、前もって対応地域を確認しておきましょう。

関西空港からハワイへ渡航する際もアロハデータの1日当たり700MBで690円のプランがおすすめです。

グローバルWiFiだと250MBで970円、500MBで1270円、1GBで1470円になっています。アメリカと同様に大きくコスパに差をつけています!

また、グローバルモバイルに共通することなのですが、グローバルモバイルはどのサービスも評判が良い傾向があります。海外各国専用でサービスを展開していて、現地のサポートなどがしっかりしていることが要因みたいですね。

グローバルモバイルについて、評判や注意点などをまとめた記事も書いているので、少し時間のある方はそちらも読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました